【脱ポルノ】禁欲生活で得られた4つの効果を解説

禁欲生活をやってみたいけど、実際にどんな効果があるのだろう??

自慰行為が辞められません。どうしたら辞められるようになりますか

禁欲してモテる男になりたい!

上記のようなお悩みを解決していきます。

「男が生きている意味=子孫を残すこと」

昔の男性は女性から魅力的に思われるために、マンモスを狩り、ビジネスに注力し、逞しい肉体を作り上げ、
女性を手に入れていました。

しかし、現代ではインターネット・SNSが発達し、簡単に性的な快楽を得られるようになっています。

そのため、実際に女性を手に入れられる男性画面越しの女性で満足してしまう男性が二極化しています。

今回の記事では、現実世界で女性を手に入れるためにやるべき「禁欲」について解説していきます。

実際に僕が1か月間完全に禁欲してみて感じた効果も紹介しているので、気になる方は是非読み進めてみてください。

記事の内容

  • 禁欲に関する調査
  • 禁欲で感じたメリット4選
  • 一瞬の快楽から抜け出すために
  • おさらい
目次

禁欲に関する調査

この章では、様々な人が検証・収集した禁欲に関する情報を紹介していきます。

禁欲に関する調査
  • ポルノを禁欲して感じた効果
  • 禁欲のデメリット

【調査】ポルノを禁欲して感じた効果

禁欲が好みに与える影響という調査では、下記のようなデータが得られました。

調査対象者
  • 2,363名(98%が男性)
  • 平均年齢:23,51歳
  • ポルノに依存している自覚がある
  • 平均禁欲日数15,95日

禁欲によって得られた効果

  • ポルノやマスターベーションを控えると、報酬を遅らせる能力が高まる
  • リスクを冒す意欲が高まる
  • 禁欲は人をより利他的にする
  • 禁欲すると人々はより外交的になり、より誠実になり、神経質になることが少なくなる

禁欲のデメリット

「長期的な禁欲はテストステロン低下の原因に!?」によると、長期的な禁欲はテストステロンの低下をもたらすという結果が分かっています。

臨床実験によると、、

3か月間の射精を禁止したところ、体内のテストステロン量が37%も減少してしまう結果が得られました。

射精後の1~7日間は精子の運動が活発であるという研究結果もありますので、

3か月間の断射は精子にも体にも良くないということです。

僕自身も後述しますが、禁欲して一週間くらいが体調と精神面で絶好調だと感じました。

禁欲で感じたメリット4選

それでは、僕が一か月間禁欲をしてみて感じた効果を紹介します。

前提条件
  • 一か月間ポルノによる自慰行為を辞める
  • 女性関連のコンテンツも出来る限り避ける(tiktokやyoutubeshort等)

上記の条件で一か月間検証してみましたので、

まずは時系列で感じた自身の変化を紹介し、その後詳しくメリットを述べていきます。

時系列での実感した変化

  • ~1週間:そこまで何か変わった感じはしない
  • ~2週間:やる気がみなぎってくる・積極的になる
  • ~3週間:禁欲をしているという自信のみがある状態
  • ~4週間:性欲が減退していると感じた

僕自身が感じたこととしては、1週間~10日くらいの禁欲状態が半端ないエネルギーを感じ、
自分自身をコントロールしている実感がありました。

それ以降は性欲に支配されることはありませんでしたが、みなぎってくるような力を感じることは出来ませんでした。

それでは、実感したメリットについて述べていきます。

実感したメリット
  • 集中力の向上
  • リソースの増加
  • エネルギー量の圧倒的な増加
  • 容姿の改善

集中力の向上

「禁欲」という目の前の快楽を我慢することで、自分自身をコントロールできるようになりました。

以前までであれば、少し勉強したらその倍以上時間を休憩に費やし、結局一日浪費してしまったなんてこともざらにありました。

禁欲開始後

「やりたいこと」よりも「やるべきこと」に対して、自分の意識を向けられる状態になっています。

つまり、自分自身の快楽をコントロールすることで、

短期的な快楽に埋もれて見えなかった、本来やるべきことがはっきりと分かるようになり、長期的な集中が可能になりました。

リソースの増加

僕自身のリソースが圧倒的に増加したと感じています。
特に「時間」に関してのリソースの増加が半端ないです。

自慰行為に費やす時間
  • ポルノを見ている時間
  • 自慰行為の時間
  • 賢者モードで虚無の時間

この3つを合わせれば、30分~1時間ほどになるでしょう。

3日に1回自慰行為をしている人

1時間×10(1か月の3分の1)×12ヶ月=120時間

シンプルに自慰行為をやめるだけでこれだけの時間が手に入ります。

毎年120時間あれば、体を鍛えることもできるし、副業の芽を育てることもできます。

つまり、自由に使える時間が手に入るということです。

エネルギー量の圧倒的な増加

驚くほどにエネルギーが漲る感覚を味わうことが可能です。

特に僕が感じたのは下記の3つです。

  • 狩猟本能が目覚める
  • 思考が圧倒的に前向きに
  • 対人関係が積極的になる

詳しく解説していきます。

狩猟本能が目覚める

簡単に快楽を得ることをやめた分、快楽を得るために努力をするようになりました。

女性に対して積極的にアプローチをかけるだけでなく、長期的に魅力的になるために努力をし始めました。

思考が圧倒的に前向きに

驚異的なポジティブ思考になりました。会社でミスをしても「次に生かして成長しよう」と考えられるようになりましたし、全てにおいて全力で取り組むことが出来ています。

対人関係が積極的になる

禁欲前は「自分なんか話してもなあ、、」でしたが、
禁欲後は「何話してもいいんだ!どんどんコミュニケーションを取ろう!」という意識に変わりました。

自分に謎の自信があるので、「嫌われても別に問題ない」と思えるようになりました。

容姿の改善

禁欲を始めてから感じた効果は下記の通りです。

  • 肌がつるつるになった
  • 目が覚めるようにぱっちりと開く
  • 抜け毛が体感減っている

鶏卵が完全栄養食と言われているのと同様に、精子には人を作り出せるほどの栄養が詰まっています。

そんな栄養を毎晩毎晩ポルノを見ながら排出していたら、体の栄養が枯渇するに決まっています。

精子の栄養素
  • タンパク質
  • 亜鉛
  • ビタミンC
  • コルチゾール(感情を高める)
  • セロトニン(抗うつ効果)

上記の栄養素をしっかりと溜め込むことで、栄養素の枯渇を防ぎ、健康な肉体を維持していると考えています。

容姿に関しての投資でよかったことは下記の記事で紹介しています。
【モテたい】20代メンズが美容でやること7選!垢ぬけるためにおすすめの自分磨きを紹介!

一瞬の快楽から抜け出すために

現代は簡単に快楽が手に入るようになっており、
【ドーパミン依存症】に陥っている人が多い印象を受けます。

ドーパミン依存の例
  • youtube
  • tiktok
  • SNSのいいね!

男性に限らず、多くの女性もドーパミン依存症に陥っているでしょう。

ドーパミンはどういう物質ですか?

ドーパミンは「幸福を期待させる」ホルモンです。

ドーパミンの特徴は期待させるだけで、幸福感はもたらさない点です。

難しい話ですので、簡単い言い換えると、「目の前の快楽を得るために行動させる」ホルモンです。

ドーパミンと同時にストレスホルモンも放出されているため、相当な意志力・エネルギーを消費しています。

ドーパミン依存の中でもやはり「ポルノ依存」が最も危険だと考えています。

ポルノ依存の危険性

  • ドーパミンにより長期的な努力ができなくなる
  • 脳の中枢神経である灰白質が萎縮する
    →灰白質は脳の中枢神経で、運動の開始や停止を司っている。
  • 女性を手に入れる努力をやめる

ドーパミン依存から抜け出した方法

僕が実際にドーパミン依存から抜け出した方法を3つ紹介します。

ドーパミン依存から抜け出す3つの方法
  • 意識的にポルノに触れる機会を減らす
  • 現実の女性とのコミュニケーションを心掛ける
  • 自分のやりたいことに集中する
意識的にポルノに触れる機会を減らす

僕たちは日々様々な状況で、女性に対して性的興奮を覚える機会があります。

特にTwitterやTiktok等の女性コンテンツは、簡単に興奮する状況を作り出してしまいます。

そのため、僕は一切のSNSを削除し、出来る限りポルノが目に触れる機会をなくしています。

現実の女性とのコミュニケーションを心掛ける

現実の女性を獲得したいという思いが強くなればなる程、自分と向き合い
「どのようにすれば魅力的に思われるか」にフォーカスして、自分磨きを始めます。

そのため、ポルノを見る暇なんてなくなりますし、くだらないと思うようになります。

自分のやりたいことに集中する

禁欲のメリットでも紹介しましたが、やりたいことができることで、
ポルノを見ている時間が無駄だと感じるようになり、自然と脱却できるようになります。

まとめ

以上が今回の記事の内容でした!

今回のおさらい

  • 禁欲をすることで、自分をコントロールする力が身につく
  • 長期的な断射はかえって体に悪影響を及ぼす
  • 禁欲は1週間~10日間が最も調子が良いと感じた
  • ポルノ依存は脳の中枢神経を委縮させる

この記事を執筆するにあたって、禁欲に関する科学的メリットを調査しましたが、
あまり信憑性のあるものは見つかりませんでした。

僕自身が体験してみて多くのメリットを感じましたし、
肉体的・精神的に絶好調だと感じるのは以下の通りです。

「禁欲している時」>「ポルノを見ている時」

ぜひ参考にしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次